サイトマップ

ルテイン情報局について

文字サイズの変更

標準

拡大

  • ホーム

  • ルテインとは?

  • ルテインと健康

  • 健康チェックをしましょう

  • ルテインお役立ち情報

Language
中文(繁体字)
中文(簡体字)

ルテイン相談室

  • ルテイン(Lutein)とは?

ルテイン(Lutein)とは強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる成分です。

ルテイン(Lutein)とゼアキサンチンはよく似た性質を持つ成分(異性体:同じ分子式をもちながら、分子内の原子配列が異なる化合物)です。ルテイン(Lutein)が代謝されるとゼアキサンチンになりますが、ゼアキサンチンからルテイン(Lutein)には代謝されず、「ルテイン(Lutein)のあるところにはわずか数パーセントのゼアキサンチンが存在する」ということがわかっています。したがって、当情報局では、特にルテイン(Lutein)・ゼアキサンチンを併記する必要がないと判断した場合、単に「ルテイン(Lutein)」とのみ記しています。

人に対して害を与える光線としては、紫外線が有名ですが、特に人工の光(照明、テレビ、コンピューターモニターなど)の中に多く含まれる青い光もエネルギーは高く、細胞に与えるダメージも強力です。ルテイン(Lutein)は、この青い光を吸収し遮る役割があります。また、光の一部が細胞に達してしまい、細胞が光による酸化ダメージを受ける危険性が生じた場合でも、抗酸化作用によってこれを防止します。すなわち、ルテイン(Lutein)は遮光および抗酸化作用による、「光障害に対する二重ブロック」を行っています。

外界からの光を受けとめるレンズの働きをしている水晶体の真後ろ、網膜の中心部に位置する黄斑部は、視覚機能にとってきわめて重要な役割を果たしています。これらの部分に存在する主要なカロテノイドはルテイン(Lutein)・ゼアキサンチンです。ルテイン(Lutein)・ゼアキサンチンが、光による酸化ダメージから水晶体と黄斑部を守っています。そして、ルテイン(Lutein)・ゼアキサンチンが不足すると水晶体においては白内障、黄斑部においては加齢黄斑変性(AMD)といった眼疾患リスクにつながることが実証されています。白内障や加齢黄斑変性(AMD)は、加齢にともなって現れる疾患とみなされてきましたが、最近では若い世代の間でも起こりうる疾患となってきています。現代人の生活環境、すなわち、栄養の偏った食生活、光の曝露量の拡大、ストレスなどによって、年齢を問わずに眼疾患リスクが高まってきていると言えるのです。

近年の研究では、水晶体・黄斑部のルテイン(Lutein)量の低下が、白内障・加齢黄斑変性(AMD)といった眼病の一要因になる可能性が指摘されています。

ルテイン相談室一覧へ戻る
このページのトップへ

『ルテイン情報局』はケミンヘルスの支援で運営されています。

ホームルテインとは?ルテインと健康健康チェックをしましょうルテインお役立ち情報サイトマップルテイン情報局について