サイトマップ

ルテイン情報局について

文字サイズの変更

標準

拡大

  • ホーム

  • ルテインとは?

  • ルテインと健康

  • 健康チェックをしましょう

  • ルテインお役立ち情報

Language
中文(繁体字)
中文(簡体字)

ルテイン相談室

  • 何歳からルテイン(Lutein)の摂取量に気をつけ始めたらいいのでしょうか?

いい質問ですね。若いころから眼の健康に気を使うのは大事なことです。加齢黄斑変性(AMD)や白内障は本来、高齢者がかかるものですが、ある大学の研究によれば、10代から30代後半の間に過剰に日光にさらされると、加齢黄斑変性(AMD)の発達も早まることがわかっています。あなたの眼を守るために、以下に簡単にできる5つの予防策をご紹介します。

  • サングラスを着用する。
  • 飽和脂肪やコレステロール値の低い、健康的な食事をとる。
  • タバコを吸わない。
  • 飲酒量を控える。
  • 日常の食事や、サプリメント・栄養強化食品などを利用して、一日あたり6mgのルテイン(Lutein)を摂取する。

最新の消費者統計によれば、ほとんどのアメリカ人は、ルテイン(Lutein)の主要な摂取源である野菜の一日あたりの消費量が、推奨値に達していないことがわかっています。ルテイン(Lutein)に関しては、一日あたりの食事摂取基準(DRI)は定められていませんが、ハーバード大学の研究によれば、一日あたり6mgというのがルテイン(Lutein)の効果が期待できる摂取量とされています。6mgのルテイン(Lutein)は、調理されたほうれん草の3分の1カップに相当します。
平均的なアメリカ人は、ルテイン(Lutein)を一日あたり1mgしか摂取していません。ルテイン(Lutein)の摂取量を増やすためには、もっと緑色の濃い野菜、それも葉菜を多く食べ、ルテイン(Lutein)のサプリメントを摂取したり、あるいは最近スーパーでも見られるようになったルテイン強化食品を利用するのも一つの手です。ルテイン強化食品には、「サンスイート プルーンジュース プラス(SunsweetR Prune Juice +)」、「ルテイン入りエンシュア(EnsureR with Lutein)」、「フルーツウェル アイパワー オレンジジュース(Fruit Well? Eye Power orange juice)」などの飲み物があります。
健康な生活をお送りください。

ロバート・アベル博士

ルテイン相談室一覧へ戻る
このページのトップへ

『ルテイン情報局』はケミンヘルスの支援で運営されています。

ホームルテインとは?ルテインと健康健康チェックをしましょうルテインお役立ち情報サイトマップルテイン情報局について