サイトマップ

ルテイン情報局について

文字サイズの変更

標準

拡大

  • ホーム

  • ルテインとは?

  • ルテインと健康

  • 健康チェックをしましょう

  • ルテインお役立ち情報

Language
中文(繁体字)
中文(簡体字)

ルテイン相談室

  • ルテイン(Lutein)がNIHの最近の研究対象になっていないのはなぜですか?

いい質問ですね。ご存知の通り、国立衛生研究所が昨年発表した研究は、βカロチン、ビタミンC,ビタミンEおよび亜鉛の組み合わせが、加齢黄斑変性(AMD)の進行を送らせるのにきわめて役立つことを明らかにしたものでした。ルテイン(Lutein)はこのNIHの研究対象にはなっていませんが、これは、研究が開始された1992年には、ルテイン(Lutein)がまだ市販されていなかったためです。

しかし、現在ではルテイン(Lutein)が市販されるようになっており、ルテイン(Lutein)が眼によいことや、高齢者や黄斑変性症になるリスクがある人々にとって、ルテイン(Lutein)が有益であることに関しては、科学的裏付けが数多く得られています。

さらに、ケミンヘルス社(旧ケミンフーズ社)の委託を受け、独立した立場の調査会社が実施した最近の研究によれば、眼科医の91%が、ルテイン(Lutein)は眼の健康促進に重要な役割を担っていると考えているそうです。また、調査対象とした眼科医の58%が、ルテイン(Lutein)は長い目でみて眼の健康を最もよく支えてくれる栄養素であると考えています。この研究は、ルテイン(Lutein)に関する理解について、米国の眼科医と眼科検査士それぞれ150名ずつを対象として実施したものです。
健康な生活をお送りください。

ロバート・アベルjr. 医学博士

ルテイン相談室一覧へ戻る
このページのトップへ

『ルテイン情報局』はケミンヘルスの支援で運営されています。

ホームルテインとは?ルテインと健康健康チェックをしましょうルテインお役立ち情報サイトマップルテイン情報局について