サイトマップ

ルテイン情報局について

文字サイズの変更

標準

拡大

  • ホーム

  • ルテインとは?

  • ルテインと健康

  • 健康チェックをしましょう

  • ルテインお役立ち情報

Language
中文(繁体字)
中文(簡体字)

ルテインとは?

ルテインは健康に役立つ成分として注目されています。

ルテイン(Lutein)とは強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる成分です。人間の体内器官や皮膚にも存在し、乳房や子宮頚部に多く存在することが知られています。特に眼の水晶体と黄斑部に存在する主要なカロテノイドはルテイン(Lutein)とゼアキサンチンであるため、これらの部位が正常に機能するために重要な働きを果たしています。

図:ルテイン(Lutein)を多く含む野菜のルテイン(Lutein)含有量

図:ルテイン(Lutein)を多く含む野菜のルテイン(Lutein)含有量

ルテインは光に強い。

ルテイン(Lutein)は、光そのものを遮る役割があります。また、光の一部が細胞に達してしまい、細胞が光による酸化ダメージを受ける危険性が生じた場合でも、抗酸化作用によってこれを防止します。すなわち、ルテイン(Lutein)は遮光および抗酸化によって、「光防御における二重ブロック」を行っています。しかしながら、ルテイン(Lutein)の光防御はこれだけにとどまりません。ルテイン(Lutein)は青い光を吸収するという性質を持っています。

図:光防御のメカニズム

図:光防御のメカニズム

青い光を吸収する。

人に対して害を与える光線としては、紫外線が有名ですが、青い光は、光線の中で最も高いエネルギーを持つもので、細胞に与えるダメージも強力です。紫外線は太陽から照射されますが、青い光は、人工の光に多く含まれています。人工の光・・・蛍光灯、テレビ、パソコン、ゲーム・・・に囲まれて生活を送っている現代人は、日常的に高エネルギーの青い光にさらされていることになります。特に眼は、外界に対してむきだしの臓器ですから、青い光からのダメージを直接受けることになります。

図:特に青い光を吸収する

図:特に青い光を吸収する

ルテイン不足は眼病の一要因。

外界からの光を受けとめるレンズの働きをしている水晶体、その真後ろ、網膜の中心部に位置する黄斑部は、視覚機能にとってきわめて重要な役割を果たしています。これら部分にはカロテノイドのうち、ルテイン(Lutein) ・ゼアキサンチンしか存在していません。ルテイン(Lutein)・ゼアキサンチンが、光による酸化ダメージから水晶体と黄斑部を守っているのです。

ルテイン不足は眼病の一要因

では、もしも水晶体と黄斑部にルテイン(Lutein)・ゼアキサンチンが不足したらどうなるでしょうか?水晶体においては白内障、黄斑部においては加齢黄斑変性症(AMD)といった眼疾患リスクにつながることが実証されています。

白内障や加齢黄斑変性症(AMD)は、加齢にともなって現れる疾患とみなされてきましたが、最近 では若い世代の間でも起こりうる疾患となってきています。
現代人の生活環境、すなわち、栄養の偏った食生活、光の曝露量の拡大、ストレスなどによって、年齢を問わずに眼疾患リスクが高まってきていると言えるのです。

図:ルテイン不足は眼疾患リスクにつながる(白内障)

図:ルテイン不足は眼疾患リスクにつながる(白内障)

図:ルテイン不足は眼疾患につながる(加齢黄斑変性症)

図:ルテイン不足は眼疾患につながる
 (加齢黄斑変性症)

※ルテイン(Lutein)とゼアキサンチンはよく似た性質を持つ成分(異性体:同じ分子式をもちながら、異なった物理的・化学的性質をもつ化合物。分子内における原子の配列の仕方が異なるために起こる)ですが、抗酸化剤としての製品への利用を考えるとき、ルテイン(Lutein)利用のケースがゼアキサンチン利用を大幅に上回ります。ルテイン(Lutein)が代謝されるとゼアキサンチンになりますが、ゼアキサンチンからルテイン(Lutein)には代謝されず、「ルテイン(Lutein)あるところにはわずか数パーセントのゼアキサンチンが存在する」ということがわかっています。したがって、当情報局では、特にルテイン(Lutein)とゼアキサンチンを併記する必要がないと判断した場合、単に「ルテイン(Lutein)」とのみ記しております。

※水晶体と黄斑部にはルテイン(Lutein)・ゼアキサンチンしか存在しない。

ルテインに関する最新研究

2010年8月現在米国では、ルテイン、DHAなどを複合して、視機能と認知機能に対する有効性の検証を行うAREDS2と呼ばれる大規模の介入試験が実施されています。(2011年終了予定)
また、2009年11月に開催されたシンポジウムにおいて、ルテインとDHAを両方摂取することで眼の抗酸化機能と脳の記憶機能が改善することが分かってきたことが発表されました。

このページのトップへ

『ルテイン情報局』はケミンヘルスの支援で運営されています。

ホームルテインとは?ルテインと健康健康チェックをしましょうルテインお役立ち情報サイトマップルテイン情報局について